100 ADİYAT

  • 100:1

    吐く息荒く進撃する(馬)において(誓う)。

  • 100:2

    蹄に火花を散らし,

  • 100:3

    暁に急襲して,

  • 100:4

    砂塵を巻き上げ,

  • 100:5

    (敵の)軍勢の真っ只中に突入する時。

  • 100:6

    本当に人間は,自分の主に対し恩知らずである。

  • 100:7

    それに就き,かれは誠に証人であり,

  • 100:8

    また富を愛することに熱中する。

  • 100:9

    かれは墓の中のものが発き出される時のことを知らないのか。

  • 100:10

    また胸の中にあるものが,暴露されるのを。

  • 100:11

    本当に主は,その日,かれらに就いて凡て知っておられる。

Paylaş
Tweet'le